賃貸のアパートの使われ方

賃貸と呼ばれるアパートとは、建物を複数箇所にわけて、多くの世帯を同時に居住させることができる、共同住宅です。建築上そのような名前が付けられているだけであり、それを居住用に使おうが何をしようが地主である家主が決めることです。会社の事務所として使われている所もあれば、商売をしている所もありますし、中には倉庫として活用しているアパートも存在すると言われています。ここにアパートの未来が見え隠れしていると言われています。

昨今はマンションブームと言われています。多くのマンションは立地の良さが注目されています。商業施設や駅、病院や学校の近くにマンションを建設するのが目立ってきました。またマンションには豪華な雰囲気や耐震などが整った建築技術で作られているので、安心、安全に住めるということで人気になっています。賃料としてはアパートより高く設定されていますが、それでも住む人が多くなっているのです。そんな中アパートに居住する人は年々減少傾向にあるようです。昔ながらが残るアパートでは特にその問題が深刻されており、アパートの数も少なくなっているのが現状です。

では、今後アパートはどうなっていくのでしょうか。傾向としては、何十年も経過し居住見込みが無い場合は解体し駐車場にするか、他の企業に土地を売るというのが定番になっていると言われています。ところが冒頭に説明したように、倉庫にしたりオフィスにしたりと今までは行われなかった取り組みも初めっています。そこにはアパートの新しい未来が見え隠れしているのです。