賃貸のアパートの歴史について

賃貸としてお馴染みとなっているアパート。アパートって何気に言われていますが、どういった建物をアパートと定義しているかをご存知な人ってそれほど多くないと思います。さらにマンションとの区別とまでなってくると、明確に知っているのは業界人くらいと呼ばれています。ここでは、最初にアパートの簡単な定義から説明したいと思います。アパートとは建物の内部を複数に区分けし、その分だけ世帯が居住できるようにした共同住宅の建物を指します。その部分ではマンションも同じですね。では、どこが違うのでしょうか。法律などで定められた正確な定義は、マンションは鉄骨や鉄筋コンクリートなどを使用しますが、アパートは木材や軽量な鉄筋などを使用しています。建築の際に使用される材料で建物の名称が変わってくるのです。しかし、一般の人々は豪華そうな立派な建物をマンションと呼ぶことが多いです。実際にはそのような外見での判断で間違いはなさそうですので、多くの人は見た目で判断している部分があります。

では、本題のアパートの歴史を見ていきましょう。アパートの前身は関東大震災の時に出来上がりました。住む家を失った人が共同で生活できるように建築された仮設住宅が後のアパートとなりました。戦後は、出稼ぎで上京してきた人や学生が住む下宿屋などが話題となり人気となりました。理由としては低価格でさらに食事まで付いている事が挙げられます。このような下宿屋は高度経済成長期まで続いたとされます。そこからは、人気がなくなり下宿屋としては商売が成り立たなくなり、一般の世帯に住んでもらえるように改築したのが今のアパートとなったのです。

 比べてお得!