賃貸のアパートの未来について

賃貸として存在するマンションとアパートの明確な区分けは建築の際に使われている材料の違いです。よく階数が高いのがマンションと言われがちですが、それは正確には間違っています。2階建てでもそのような材料を使っていればマンションです。しかし、コストを考えればたくさんの人に入居してもらいたいと考えます。そうすると自然と階数も増えるという訳です。さて、戦後まで遡って考えてみると、アパートの数は激減していると言われています。戦後から日本では出稼ぎや学生をターゲットにした住み込む商売が流行っていました。風呂無しの共同住宅である下宿屋というものが昭和時代には多くありました。それが今のアパートの前身となっています。下宿屋も流行が終わりを迎えていた昭和時代後半では、一般の居住者に住んでもらえるように建物を改造して出来上がったのが今のアパートです。

そのアパートも変化の時が迫られてきました。それはマンションブームから来ています。昭和が終わり平成時代になるにつれて、人々の住宅に関する意識は大きく変わるようになってきました。もっと便利で快適でオシャレで贅沢で。家賃は高くても良いからそんな場所に住みたいと願うようになってきたのです。そこで登場したのがマンションです。一見豪華で、セキュリティーも建築技術も立派で頑丈です。そんなマンションにみんなが住み始めていきました。そのためアパートに住む人が少なくなってきているのです。

今後少子高齢化も重なり世帯数は減少傾向にあります。アパートの未来は決して明るくありません。価格や価値観などの見直しが必要とされる時期にきているのです。

 比べてお得!